KAKALOG

30代のフツーの2児のママが綴る日常

タピオカブームに乗っていろんなタピオカドリンクを飲んだ結果、その後

KAKAです。

タピオカブームに乗って、今年はたくさんのタピオカドリンクを飲みました。

ざっとカメラロールを振り返るだけでも出てくるタピオカドリンク。

2019年は完全に踊らされました。

お店によっては大行列。一時期は3時間待ちという表示もみたこともありました。

 

今回は、そんなKAKAのタピオカ話です。

 

 

タピオカドリンクがあると買ってしまう病を発症してしまった

2019年、さまざまなタピオカドリンクを飲みました。今回のお店以外にもた〜くさん。

タピオカとミルクティーのカロリーを考えると恐ろしくなるけども…ハマってしまったら仕方がない…!

有名なところから、個人経営なところまでいろいろとです。

 

これまでほとんど甘い飲み物は飲まない人だったのに、一度飲み出したら止まらなくなったのです。

 

 

なんて恐ろしい飲み物なんだ!!!

 

カメラロール残っている画像をぺたりするとこんな感じです。

 

春水堂

f:id:kaka365days:20191219211915j:plain

www.chunshuitang.jp

 

琥珀

f:id:kaka365days:20191219204623j:plainwww.kohaku-tapioka.jp

 

ココマンナ(coco Manna)
f:id:kaka365days:20191219204502j:plain

manna-japan.jp

 

MOMI&TOY'S モミアンドトイズ

f:id:kaka365days:20191219204523j:plain

www.momiandtoy.com

 

Tappy

f:id:kaka365days:20191219204346j:plain

www.instagram.com

 

Lipton Tea Stand

f:id:kaka365days:20191219204247j:plain

brand.lipton.jp

 

Q&D Tapioca
f:id:kaka365days:20191219204230j:plain

www.q-and-d-tapioca.com

 

ゴンチャ

f:id:kaka365days:20191219204236j:plain

www.gongcha.co.jp

 

f:id:kaka365days:20191219204016j:plain

sin-an-ju.com

 

QOQONON

f:id:kaka365days:20191219204141j:plain

qoqonon.owst.jp

 

ある日見つけた乾燥タピオカ

タピオカブームに乗って、街中ではたくさんのタピオカを扱う店が増えました。

 

飲むたびに家族でタピオカの質を議論できるまでに…(笑)

 

 

ふとある日、家族で業務系のスーパーに行って買い物。

そこで見たのは「乾燥のタピオカ」

 

↓↓こんなのです。

ブラックタピオカ 1kg

ブラックタピオカ 1kg

  • メディア: 食品&飲料
 

タイミングがよく!?棚に山積みでした。

 

KAKA「どうなんだろうね?買ってみる?」

 

PAPA「こんなにいる?」

 

そんな会話をしたのを覚えています。

でも我が家は空前のタピオカブーム。

 

ひとまず買ってみて、自分たちでつくってみることにしました。

1時間〜1時間半かかるとても手のかかるタピオカ。

でもね、そんなこと関係ないの。美味しければねと、ある種何かに取り憑かれたようでした。

 

 

 

じゃーーーーーん!

ついに完成!

 

f:id:kaka365days:20191219213849j:plain

タピオカが見えていない(笑)

 

随分、お店のタピオカを飲んでいたので、家族の舌が肥えていました。

そう、 手間はかかるけど、自宅でもお店の味が出せたのです。

出せたのです。

出せたのです。

 

そしてそしてある日に出会った冷凍タピオカ

自宅でもタピオカドリンクを作成できるようになり、紅茶にこだわったり、タピオカの茹で方を工夫したりとチューニング。

我が家のタピオカドリンクは、日に日にパワーアップしていきました。

 

我が家のタピオカ係のPAPAは、余裕があればタピオカドリンクを作ってくれました。

 

作ってもらって飲むのが一番うまい…。

自分ならやりたくない(笑)

 

と激しく思いました!

 

そして、ある日。

「冷凍タピオカ」に出会ったのです。

 

 ↓↓こんなのです。

KAKA「冷凍タピオカだって、買ってみる?」

 

PAPA「買ってみようか。美味しいのかな。」

 

という会話をしたのを覚えています。 

 

そして、早速、自宅でやってみました。

 

PAPA「手軽だ・・・。手間を考えると冷凍のほうがいいのでは?」

 

そう、長らくのよりみちを経て「冷凍タピオカ」に落ち着いたのです。

 

まとめ

XX映えを意識するなら、絶対にお店のタピオカドリンクなんでしょうが、そうじゃなければお家でも楽しめることがわかりました。なんといってもお店で500円〜600円するタピオカドリンクが自宅だと何杯飲めるのってぐらいにリーズナブル。

 

タピオカが家族のコミュニケーションツールとして機能したのも事実ですなのですが、乾燥・冷凍のタピオカに出会い、我が家では外で飲む機会はぐっと減りました。

 

そう、我が家のタピオカブームは静かに去ってしまいました。

 

手軽に作れるようになり、特別なドリンクではなくなってしまったのです。

それは、あくまで我が家の話。

 

(時々、茶葉やタピオカにこだわっているお店では飲んでみたいと思うことがありますよ。)

 

 

さて、全国的ブームのタピオカドリンクはあとどれぐらい継続のでしょうか。

 

ブーム終了するという声も聞こえてくる中、定番化するか、一気に終了するのか。

その動きは引き続き注目していきたいです。